ハーブで育てた畜水産物

ハーブ牛

育成期・肥育期にオレガノ、シナモン、ジンジャー、ガーリックの4種類の天然ハーブを中心に配合した純植物性飼料を給与して育てています。宮崎ハーブ牛、宮崎ハーブ牛(交雑種)は宮崎県下9つの生産組合で生産されています。

風通しの良い広々とした牛舎で草を食む牛達。その背景には徹底した衛生管理があり、一定のレベルを超えたものだけしかハーブ牛として出荷されません

惜しみない手間と愛情を受けて育ったハーブ牛は肉質が優れていることはもちろん、脂の融点が低く舌に乗せるとじわりととろける自慢の牛です。